世界遺産の森林を守ろう基金

世界遺産の森林(もり)を守ろう基金サブ 平成16年7月に世界遺産に登録された 「紀伊山地の霊場と参詣道」。
『世界遺産の森林(もり)を守ろう基金』は世界遺産の「文化的景観」のひとつである森林を保全する目的で設立されました。

寄せられた基金は、世界遺産周辺の公有林等の整備・保全に、田辺市・高野町において順次活用されています。 皆さまのご賛同とご協力をよろしくお願いします。


「世界遺産の森林(もり)を守ろう基金・活動紹介


世界遺産の森林(もり)を守ろう基金流れ

バッファゾーンとは

社寺や古道など世界遺産登録資産の保存のために周辺に設けられた区域で、良好な環境や景観の維持が求められます。緩衝地帯ともいいます。

(財)和歌山県緑化推進会とは

和歌山県の緑化事業と緑化思想の啓発、及び「緑の募金」を推進するために平成4年に設立。森林ボランティア等の活動支援や青少年の育成、緑化森林整備、緑の募金事業など、和歌山県の緑豊かな県土づくりに活動しています。

「世界遺産の森林(もり)を守ろう基金

広く全国から募金を募り、世界遺産周辺の森林のうち市町村が有する公有林等の中から代表的な場所を順次選定し、景観維持や下刈り、間伐などの管理経費を該当する市町村に交付します。

活動の報告

世界遺産の森林(もり)を守ろう基金内容はホームページ上で報告します。

募金受入れ口座
口座番号:
紀陽銀行県庁支店 普通預金口座 365173
口座名義:世界遺産の 森林もり を守ろう基金 公益財団法人和歌山県緑化推進会

基金への寄付状況


主な募金者はこちら( ファイル名bokin.pdf 容量26KB)

募金状況・活動状況の詳細については下記ファイルをダウンロードして下さい。

募金状況( ファイル名h29_isan_dl_1.pdf 容量84KB)

平成27年度施行実績(ファイル名h27_isan_dl_2.pdf 容量558KB)

※PDFファイルを表示印刷するためには「Adobe Reader」が必要です。

基金の使途について


皆様からいただきました寄附金を下記事業の森林整備に活用させていただきました。


(1) 発心門王子周辺山林整備事業

  1. 交付先:田辺市
  2. 交付金額:2,006,000円
  3. 事業内容
    事業実施地は、熊野古道中辺路ルートの発心門王子社跡周辺の2.06ヘクタールの山林で、世界遺産のバッファゾーン内です。
    田辺市では、平成16年の世界遺産登録前に本山林を購入し、現在は歴史ある熊野古道及びそれを取り巻く森林の適正な管理と保全を図り、訪れる人々にやすらぎと活力を提供することを目的とした「田辺市熊野の森条例」を制定し管理しています。 発心門王子社跡の周辺であることから、参拝者や観光客の従来も多く、比較的高齢級の森林として目にとまるものの、立木密度が高まっていることから、不良木を中心とした間伐施業により森林整備を行いました。
    間伐した材は世界遺産センターの内装材に活用するなど有効利用しています。

(2) 高野黒河街道、女人道周辺山林整備事業

  1. 交付先:高野町
  2. 交付金額:3,500,000円
  3. 事業内容
    事業実施予定地は、高野黒河街道及び女人道(高野町指定史跡)に挟まれた森林であり、40年生で3.00ヘクタールのスギ・ヒノキ林です。
    高野町では、世界遺産である高野町石道をはじめ7つの古道、それを取り巻く森林の適正な管理と保全を図るため山主の理解の元、山林整備を推進してきましたが、昨今の木材不況により保育事業の遅れている山林が見受けられます。また、本町としても、この地域を針広混交林への移行を目指しており、当地を間伐することで針広混交林のモデル山林として森林整備を行っていきます。
    間伐材は木工体験などのイベント用材、一部は世界遺産中門再建用材として有効利用していきます。

(3) 熊野古道沿線森林整備事業

  1. 交付先:田辺市
  2. 交付金額:4,800,000円
  3. 事業内容
    事業実施地は、伏拝〜熊野本宮大社の熊野古道中辺路ルート周辺に位置する12ヘクタールの山林で、世界遺産のバッファゾーン内です。
    田辺市では、歴史ある熊野古道及びそれを取り巻く森林の適正な管理と保全を図り、訪れる人々にやすらぎと活力を提供することを目的とした「田辺市熊野の森条例」を制定しています。
    伏拝門王子から熊野本宮大社へ続く熊野古道は、散策者が多くありますが、一部人工林において、立木密度が高く林内の暗くなった森林があることから、不良木と中心とした間伐施業により森林整理を行いました。