みどりの少年団の活動

「みどりの少年団」は、次代を担う少年に、森林や樹木あるいは野鳥に親しむ機会を与え、校外における団体教育によって、規律ある生活のもとに、自然を大切にする思いや林業に関する知識を身に付け、豊かな人間性と健康で明るい社会人に育ってもらうように活動しています。

みどりの少年団は、その地域の小学生及び中学生をもって結成します。範囲は、学校単位だけでなく地区単位やクラブ単位でも結成できますので、興味のある方は(公財)和歌山県緑化推進会までご連絡下さい。

 

都市と山村みどりの少年団交流集会

みどりの少年団相互の親睦や交流、各地域で行っている活動報告などを行うために、毎年、交流集会を開催しています。

【平成25年度開催概要】

日程 平成25年8月27日〜28日
場所 ・熊野古道 金魚茶屋跡(日高町原谷)〜河瀬王子(広川町河瀬)
・和歌山県立白崎青少年自然の家(由良町大引)

【内容】

1.開会式・森の動物について

開会式・森の動物について
開会式
開会式・森の動物について
森の動物について
開会式・森の動物について
森の動物について

2.熊野古道ウォーク

"歌人「藤原定家」をして「崔嵬の険阻(さいかいのけんそ)」と嘆かせた「鹿ノ瀬峠」を今回、金魚茶屋跡(日高町)〜河瀬王子(広川町)方向に歩きました。
今回の「鹿ノ瀬峠」越えの見所だった所は、なんと言っても熊野古道に現存する最長の石畳道(約500m)であり、静寂の中にいにしえのロマンが感じられる所です。
金魚茶屋(日高町)〜河瀬王子(広川町)までは、距離にして約4.6km、子供達が日々通学で歩いている距離を遙かに超える距離でしたが、語り部さんの指導にしたがい注意して歩いたので怪我無く歩く事ができました。 "

熊野古道ウォーク
金魚茶屋跡にて語り部さんによる説明
熊野古道ウォーク
遠足前の準備体操
熊野古道ウォーク
石畳前語り部さんによる説明
熊野古道ウォーク
石畳
熊野古道ウォーク
石畳2
熊野古道ウォーク
山頂(大峠)にて休憩
熊野古道ウォーク
語り部さんによる怪談話(法華の壇)
熊野古道ウォーク
終点付近立場跡
熊野古道ウォーク
終点河瀬王子にて記念写真

3.和歌山県立白崎青少年自然の家

白崎青少年自然の家
自然の家にてオリエンテーション
白崎青少年自然の家
夕食
白崎青少年自然の家
夕食後各少年団による活動発表
白崎青少年自然の家
活動発表後名刺交換
白崎青少年自然の家
28日朝の集い
白崎青少年自然の家
ラジオ体操

4.木工教室(コルクフォトフレーム・ウッドバーニング)

木工教室
木工教室(コルクフォトフレーム)
木工教室
作業状況(コルクフォトフレーム)
木工教室
作業状況(コルクフォトフレーム)
木工教室
木工教室(ウッドバーニング)ペンダント
木工教室
作業状況(ウッドバーニング)
木工教室
作業状況(ウッドバーニング)
木工教室
昼食
木工教室
昼食
木工教室
閉会式