みどりの少年団の活動

「みどりの少年団」は、次代を担う少年に、森林や樹木あるいは野鳥に親しむ機会を与え、校外における団体教育によって、規律ある生活のもとに、自然を大切にする思いや林業に関する知識を身に付け、豊かな人間性と健康で明るい社会人に育ってもらうように活動しています。

みどりの少年団は、その地域の小学生及び中学生をもって結成します。範囲は、学校単位だけでなく地区単位やクラブ単位でも結成できますので、興味のある方は(公財)和歌山県緑化推進会までご連絡下さい。

 

都市と山村みどりの少年団交流集会

みどりの少年団相互の親睦や交流、各地域で行っている活動報告などを行うために、毎年、交流集会を開催しています。

【平成30年度開催概要】

日程 令和元年8月7日(水)〜8日(木)
場所 ・加太瀬戸内海国立公園 周辺(和歌山市深山・加太)
・青少年国際交流センター(和歌山市加太1907-2)

【内容】

1.交流集会のスタート
県内各地からみどりの少年団員が集まり、交流集会が始まりました。


2.森林体験学習
加太瀬戸内海国立公園周辺の森林において、森林インストラクターの話を聞きながら探検しました。



3.青少年国際交流センター
施設での共同生活を通じて、交流を深めました。


4.交流集会
各地域毎に、日頃の活動内容や地域の特色について発表し、その後、交流を深めるために名刺交換会が行われました。



5.オリエンテーリングとフォトフレーム作り



6.閉会